立石山(湯布院町塚原)メンヒルに行ってみた【のぶさんぽ11】

立石山(湯布院町塚原)メンヒルに行ってみた【のぶさんぽ11】

こんにちは。メンヒルハンターのぶです。

さて今回のメンヒルは大分県由布市は塚原にある立石山の中腹にあります。

別府にも同じ名前の立石山がありますが、どうやら立石山というとこちら(塚原)の方が一般的なようです。

どちらもメンヒル(立石)があるから立石山という名称になったのでしょう。

それはさておき早速いってみましょう。

スタート地点は県道617号線鳥越橋手前です。

しばらく行くと、道端にワラビがびっしり生えてるところに出ました。

前方にかすかに鹿が見えます。

大きくしてみました。

しばらく見つめ合ったあと鹿は走り去っていきました。

ワラビロードが終わり舗装路になります。

すぐに開けたところに出ました。奥に見えるのが立石山です。

と思ったらまた鹿に遭遇しました。

鹿はこの後も相当な数を見ることになります。

それはいいとして、ここからの道のりがまあ大変でした。

下調べもそこそこに、おおよその当たりをつけて、地形と相談しつつ極力最短距離を行きました。

山登りをする人から見たら怒られそうなルートですが、スタートしてから何やかやで1時間半ほどでメンヒルを見つける事ができました。

大きさの比較のためにペットボトルを置いているのですが、わかりやすくしましょう。

高さはおおよそ8mくらいだそうです。

写真:東九州支部報 第46号

これは昭和32年の写真だそうです。

 

また、このメンヒルの周りには、1~2mほどの石がゴロゴロしています。

 

さて、次はどこ行こうかな。